分別管理による保護 | 外貨MMF投資のメリット

外貨MMFのメリットとして「安全性」も挙げられます。外貨預金は「預金」なので一見安全に見えますが、外貨預金はペイオフ対象外になっているので、万が一外貨預金をしている銀行が破たんした場合、保護されません。一方の外貨MMFの場合、資産はすべて証券会社のものと分けて管理されているので、取引証券会社が破たんした場合も保護されます。

分別管理とは何か?

分別管理というのは、証券会社が、顧客投資家から預かった資金と証券会社地震の財産とを別々に管理することを義務付けていることを指します。

・分別管理とは
分別管理(ぶんべつかんり)とは、証券会社が顧客投資家からの預かり資産と自己(自社)の資産とを明確に区分して管理することにより、万が一証券会社が破綻した場合であっても、投資家の資産が保護される仕組みのことをさす。

証券会社では、株式はもちろんのこと、投資信託、債券など、「顧客投資家から預かっている財産」を証券会社自信の財産と完全に分離することを義務付けられています。そのため、万が一預けている証券会社が破たんした場合であっても、投資家の財産は保護されます。

また当然ですが、証券会社が負債を抱えて倒産した場合であっても、債権者は投資家の財産に手を出すことは許されません。

外貨預金の場合、「預金」として外貨建てでの元本は保証されていますが、万が一銀行が破たんした場合には、制度上保護の対象外(ペイオフ対象外)となります。そのため、外貨預金を預けている銀行が破たんした場合には、外貨預金の全額または一部が戻ってこないリスクがあります。

外貨MMF投資にお勧めの証券会社


マネックス証券

マネックス証券
為替手数料が安い。外貨MMFを外国債券などに投資できます。米国株投資にも力を入れているので外貨投資全般に強み。
取扱通貨数:2通貨(米ドル・豪ドル)
為替手数料:25銭
自動積立投資:○
外貨決済:○
>>マネックス証券詳細

Category & Menu

外貨MMF投資ガイドでは、外貨投資の基本から応用までをわかりやすく紹介するサイトです。ぜひご活用ください。

 

外貨MMFにおすすめの証券会社

外貨MMF投資を始めるなら絶対おすすめのネット証券をランキング。
1位:マネックス証券
2位:楽天証券
3位:カブドットコム証券

 

外貨MMF投資ガイド人気ランキング

当サイト内で人気の高いページのランキング情報です。
1位:外貨MMF投資と税金
2位:為替差益が非課税の理由
3位:おすすめの積立投資
4位:為替手数料で比較
5位:外貨MMFのリスク