SBI証券

SBI証券は、ネット証券における口座数ではNo1となっています。手数料格安のネット証券ですが、外貨MMFの手数料については、他のネット証券と比較して「やや高い」水準にあるのが現状です。

一方、SBI証券では投資した外貨MMFは外貨決済サービスにより外国株や外国債券として運用することもできます。また、逆に外債の配当金(外国通貨建て)をMMFに組み入れることもできます。外貨投資を通じてグローバルな金融商品取引をしたいという方にSBI証券はお勧めです。

SBI証券の外貨MMF投資

SBI証券では下記の外貨MMFの取り扱いが可能です。また、為替手数料は下記の通りです。多くの外貨MMFを扱えるのが特徴です。為替手数料だけを見れば米ドル以外の外貨MMF手数料は他の証券会社よりもやや手数料は高めです。

 
米ドル
ユーロ
カナダドル
豪ドル
NZドル
南アランド
取り扱い通貨
為替手数料
25銭
80銭
80銭
1円
1円
50銭
買い付け単位 当初買付10米ドル以上1米セント単位 追加買付1米セント以上1米セント単位。
売却単位 1口単位 (1口=1米セント単位)
自動積立投資 ×
外債・外国株投資への外貨MMF資金利用 外貨決済サービスにより、米ドル外貨MMFを米国株の買い付けに当てたり、外国債券の購入費用に充当したりすることができます。また、外貨での利子受け取りなども可能です。
備考 手数料やサービス内容は2011年9月15日現在の情報です。最新の情報はSBI証券の公式ホームページ等でご確認ください。

 

SBI証券の外貨MMF関連のサービス・特徴

SBI証券は、下記のサービスがあります。

・外貨決済サービス
SBI証券では、外国債券の利金・償還金を外貨で受取ることが可能です。 たとえば、豪ドル建ての外貨MMFを使って、豪ドル建ての債券に投資をしたり、米ドル外貨MMFを使ってアメリカの株式に投資ができたりします。債券のクーポン(金利)や株式の配当金などもそのまま外貨として外貨MMF口座で受け取りが可能です。取引の都度の為替手数料が発生しないので、効率的な投資ができます。

・同じ通貨でも複数の外貨MMFに投資ができる
外貨MMFはその運用会社によって、たとえば同じ米ドル外貨MMFでも複数の商品があります。SBI証券では、それぞれ同じ通貨の外貨MMFを複数取り扱いしているので、外貨MMF同士のスイッチングも簡単・手数料なしでできます。

 

外貨MMF以外のSBI証券の評価を知りたい方は「証券会社比較 SBI証券」などのサイトをご参照ください。

外貨MMF投資にお勧めの証券会社


マネックス証券

マネックス証券
為替手数料が安い。外貨MMFを外国債券などに投資できます。米国株投資にも力を入れているので外貨投資全般に強み。
取扱通貨数:2通貨(米ドル・豪ドル)
為替手数料:25銭
自動積立投資:○
外貨決済:○
>>マネックス証券詳細

Category & Menu

外貨MMF投資ガイドでは、外貨投資の基本から応用までをわかりやすく紹介するサイトです。ぜひご活用ください。

 

外貨MMFにおすすめの証券会社

外貨MMF投資を始めるなら絶対おすすめのネット証券をランキング。
1位:マネックス証券
2位:楽天証券
3位:カブドットコム証券

 

外貨MMF投資ガイド人気ランキング

当サイト内で人気の高いページのランキング情報です。
1位:外貨MMF投資と税金
2位:為替差益が非課税の理由
3位:おすすめの積立投資
4位:為替手数料で比較
5位:外貨MMFのリスク